AE86 5AGエンジンの組み込みとエンジンベンチセッティング(エンジンベンチVpro)



前回『AE86 5AGエンジンの組み込みとエンジンベンチセッティング(エンジンベンチMOTEC)』にて

http://www.bee-r.com/rom/index.php?e=229

慣らしをした後に、MOTECにてセッティングをした。

続いてVproに取り替えてセッティングをしました。




専用のカプラーに配線をつなぎ直して

MOTECのデータをフィードバックして

・・・転送は出来ないので手書き?手入力します。



きゅきゅきゅ!ぶぉ~~ん!!


この瞬間がときめきであり☆



☆きらめき☆



の至福のとき(笑






だんだんに回転と負荷を掛けてチェックしながら

セッティングを繰り返します。






常に水温・油温・吸気温度・燃圧等を確認しながら

最大の高回転・高負荷を掛けて

パワーチェックまでします。






http://www.youtube.com/watch?v=2ZZbZSnFc50


【Youtube】


一部の車種になりますが☆自慢のセッティングで低中速域のトルク重視!

レスポンスセッティング!高速サーキット対応スピードリミッター変更!



□BR-ROMキャンペーン□

今なら「限定キャンペーン価格」で販売しております!




☆限定キャンペーン価格ご利用ください☆



BR-ROM 企画・監修::パーツ・ツール

AE86 5AGエンジンの組み込みとエンジンベンチセッティング(エンジンベンチMOTEC)



組み込みしたエンジンを専用の台に固定して

水回り、燃料回り、吸気、排気等の環境をセッティング





新品部品を使ったエンジンの慣らしから始める。

慣らしに適したエンジンオイルを入れて水温、油温、燃圧等を

管理しながら色々な条件を決めて慣らしをする。




今回のエンジンベンチのセッティングは「MOTEC」

決めたポートと決められたポートに配線して

キュキュキュ!ブォーーン!!


何回やってもエンジンの掛かる瞬間は感動する♪




「MOTEC」のソフトは無料でダウンロード出来る

http://www.motec.com/

が、本体を買わないと出来る訳がない!そんな営業方法(笑

「Fuel」や「Ignition」ぐらいの英語は判るが専門用語が

日本語では無い使い方?意味判んないし・・・

最新はカラーで更に使いやすくなったらしい(英語が判る方には)



そこに行くと「野生の勘」が優れた自分はMAPなり軸を見ると

何だかが判るので英語が不得意でも充分に使えます♪♪


< F1-Help >

まったく判りませんでした(爆



前々前記した【MAP TRACER】機能や【リアルタイム エミュレーター】に

【データーロガー】機能も装備されております☆




「MOTEC」は自分の好みの設定が出来るので「全部自分の手で♪♪」

って方にはお勧めです。


元祖フルコンとして素敵な機材であり、部品です。


一部の車種になりますが、お手軽価格にて
ベストにチューニングされた♪
コンピューターチューンが手に入ります♪



□BR-ROMキャンペーン□

低中速域のトルク重視!レスポンスセッティング!

高速サーキット対応スピードリミッター変更!

今なら「限定キャンペーン価格」で販売しております!




☆限定キャンペーン価格ご利用ください☆



BR-ROM 企画・監修::パーツ・ツール

ROMチューニングの軌跡☆







前記した約20年前、某社製の【MAP TRACER】
http://www.bee-r.com/rom/index.php?e=205

そこから進化した「リアルタイム エミュレーター」や「マップ トレーサー」

前後するが先日のROMライターに「ROMを書き込む」
http://www.bee-r.com/rom/index.php?e=222

って言う機材は一回一回書き込んだROMをコンピューターに

取り付けて試しては、また書き込んで試す。の繰り返しを

「リアルタイム エミュレーター」自体が「ROM」と「ROMライター」の

仕事を引き受けてくれた♪パソコンと「リアルタイム エミュレーター」を

接続して「ROMデータ」を送り込み書き換えしてパソコンで編集して

「ROMデータ」送り、書き換えが出来た。当時で言えばハンパ無く時間の

短縮が出来た!のちに「マップ トレーサー」機能まで搭載されて

セッティングの時間がどれだけ短縮し進化した事か☆☆☆



当時からこう言う便利機材は高級品だったが相当な数が売れたらしい!

だが?使いこなしていたROMチューンマニアは少数派だったかも・・・


【OEM】にて製作させてもらう仕事が増えていたのが事実でした。



のちに便利なフルコンが出て来ても『野性の勘』が経験が順応性の早さを

発揮していた☆



今でも開発ツールや開発ソフトは高級品で車種によって用意しないと出来ない。

たくさんの台数の要望が揃えば次期開発車種となる場合もあるので

仲間をたくさん集めて相談してください。


開発費が回収出来る車種も今まで少ないので台数も必要になるのは判って下さい!



一部の車種ですが、限定でお手ごろ価格になっております!

是非!この機会に『信頼のBR-ROM』ご利用して欲しいです!!




低中速域のトルク重視!レスポンスセッティング!

高速サーキット対応スピードリミッター変更!

今なら「限定キャンペーン価格」で販売しております!




☆限定キャンペーン価格ご利用ください☆


BR-ROM 企画・監修::パーツ・ツール