いつもBR-ROMのご利用ありがとうございます。

いつもBR-ROMのご利用ありがとうございます。
当社の理想及び信念に共感いただき合わせてありがとうございます。
中々伝わらない方々もいらっしゃるので、ここに書かせてもらいます。

◎レギュラーガソリン専用のレスポンス仕様とハイオクガソリン専用のストリート仕様の
違いから、それぞれガソリンスタンドにおいて赤いノズルと黄色いのノズルで
レギュラーガソリンとハイオクガソリンが分かれて売られているのを購入してます。
各ガソリンはクルマによって指定されているガソリンを入れるセッティングがされて
おります。
ハイオクガソリンが指定されているクルマにレギュラーガソリンを入れるとエンジンに
ダメージを与えます。
通常レギュラーガソリン指定のクルマにハイオクガソリンを入れても何も変わらない
とおもいます。それは、レギュラーガソリン仕様のセッティングだからです。
そこで、レギュラーガソリン指定のクルマにリッターあたり約10円高いハイオクガソリン
ならではのセッティングすると「走るようになる」「トルク感がある」「無駄なアクセルを
踏まなくなった」「高速での燃費向上が楽しい」等のメリットと反面、満タン時に40Lなら
400円の余分な出費がデメリットとなる。
それでも「ストレスが減ったから安いもんだ」「満タンで1ヶ月以上持つから気にならない」
とか「たまにしか乗らないから快適に走れて幸せ」等いってもらえるのでセッティングして
いる自分は満足です。

◎自分の考えるセッティングについてのお話をします。
車を買う時に選ぶポイントに何馬力(PSやKW)を参照したりするとおもいます。
BR-ROMに対しても何馬力上がりますか?とたまに聞かれますが基本は馬力アップを
目標にしておりません。なぜならお客様のクルマはレースカーでは無いからです。
当社ではレースカーやチューニングカーを作ったり走らせたりしております。
目的が競争だから馬力も求められます。がしかし、一般道を走行される一般車にその
リスクを与えたくありません。
「レース=馬力アップ=ギリギリの走行=エンジンへの負担」
なのは事実です。一般車の高回転・高負荷をセッティングで攻めれば馬力も上がり
ますが必ず負担がかかり壊れます。その事をお客様が理解してくれますか?
理解してもらえないのが事実です。長年チューニング業界・レースにたずさわり
たくさんの失敗や経験をした自分だから出来るコンピューターチューニングがあるのです。

◎最近のクルマは多種多様な装備も増え車重は重くなり、エンジンには馬力を求められ
かわいそうです。そのうえ燃費向上の為の色々な制御とか・・・かなり矛盾だらけです。
ところで最大の馬力は何回転で出てますか?5000rpm以上の回転で最大が発生
しているクルマが多いと思います。いつも何回転でシフトアップしてますか?
2500rpm前後それより回しても4000rpm前後じゃないですか?
アイドリングで最大の馬力使いますか?2500rpmではどうですか?
違います。最大の馬力は5000rpm以上で発生します。
さて?今まで何回全開にして床までアクセルを踏み込みましたか?
必要なセッティングは最大の馬力を発生する回転域では無く通常90%以上使う市街地
の低中速に必要になります。高回転・高負荷のエンジンがつらいところは
かわいそうなので負担を和らげておきたいですよね。
自分の考えるセッティングは低中速に使われる回転域の効率を一番に求めました。
一時停止からの加速にしても右折時のダッシュも「気持ちいいレスポンス」が欲しい
ですよね。
ホイールスピンするほどの過激さは無駄になりますが、出来ないより出来るのを
ドライバーが抑えればイイとも考えます。

◎例えばカタログの何馬力のクルマを買って「僕の買った300馬力のクルマの出だし
がおかしい」とか「300馬力あれば低速ももっとトルクがあってもいいはず」
とか問い合わせ受けます。
気持ちはわかりますが、そこを少しでも改善出来るセッティングがBR-ROMなんです。
最近は理解のあるディーラーさんにもたくさん利用してもらってます。
お客様が喜ぶことが大事です。
純正に入っているリミッターがあります。通常はエンジン保護の為にも変更しておりません。
180キロオーバー出せる一般道はありません。
回転のリミットもエンジン保護で入っております。
長年BR-ROMを利用してもらってエンジンにトラブルが無いのは様々な配慮と自覚しております。
出だしから2500rpmもしくは追い越し加速の4000rpmまでを理想に近づけたセッティングが
出来た時にラインナップに追加させてもらってます。


BR-ROMの販売から25週年を迎えます。以前からのセッティングの勉強やコンピューターの
勉強は30年以上になり、ラインナップも300車種以上で扱った台数は1万台以上になります。

これからもラインナップを増やしていく予定ですが、開発費も掛かるので需要の多い車種優先
にもなると思いますがご理解下さい。

尚、先日も「昨日の夜ネットで知った」って方も来られて満足して帰られました。
まだまだ知られていないだなと思いました。

是非、皆様のチカラを貸してもらって必要な方には
満足間違えないBR-ROMを広めて下さい!

長文お付き合いありがとうございます。

BR-ROM 企画・監修::◇大事なお知らせ◇